「ムーアの法則」に従えば

zoomが日常に

『急で申し訳ございません。明日の19時から住宅購入のご相談をお願いできますか。』日曜日の夜7時からの相談依頼です。今までなら、このような時間帯の相談依頼はありませんでした。

大丈夫です。それでは、zoomのご招待を差し上げますね。で、

2時間弱の相談業務も無事終了です。

2日火曜日は、朝起きると横殴りの大雨。

今までなら、出かけるまでに止まないかな、せめて小雨になってくれるかなぁと願うばかりでしたが、

zoomで良かった。 出かけないで済む。

zoomの画面共有を使うと、説明資料を表示しそれこそ対面で話すように見て頂けます。

今までなら、20ページもある設計書(それも4種類)をプリントアウトし雨の中電車を乗り継ぎ、

面談でのご案内でした。

3日水曜日は、15時と19時から、zoomのダブルヘッダー。

大阪で採用する社員の「確定拠出年金投資教育」お願いできますか。

こんな依頼もzoomならOKです。

今では仕事のほぼ8割くらいが、非対面で済んでしまいます。

皆様の中でもzoomのようなテレビ会議ツールを使われている方も多いかと思います。

Zoomはネットを使ってセミナーやミーティングができるアプリです。

無料でも使えますので、必要な方は試してみて下さい。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html 

メールアドレスを入れてサインアップして進むと下の図のようになります。

ムーアの法則によると

1年前までは、zoomのようなシステムがあることは知っていても、まさか自分で使うようになるとは想像していませんでした。今や自宅でパソコンに向かい、場所も時間も関係なく仕事が出来てしまう。

小学生だってリモート授業です。1年前までは考えられなかったことが、多くの人にとっての当たり前になりました。

ドッグイヤーとは、犬は人間の7倍の速さで歳をとる成長スピードの例えですが、今はそれより早いマウスイヤー。それも「ムーアの法則」の言うところ、性能の良いものがより早くより安く、世界中隅々まで行きわたる。

これまでの10年よりこれからの10年の方が情報産業にかかわらず、世界は大きく早く変わるだろうと言われています。

自動運転車は2030年頃に実用化と言われていました。ところがホンダはレベル3の自動運転車を2021年3月5日に販売です。中国は2025年を目途に量産化する目標とのこと。

自動運転EVカーもそのうち安くはなるでしょうが、今のところ1台1000万円以上です。
いえ、車は自家用車ではなく必要な時に迎えに来る無人タクシーかもしれません。

便利な製品や良いサービスを使うためにも

テクノロジーの進歩は、恩恵だけではありません。

より多くのものを奪うはずです。

進歩は年齢や地域、貧富の区別なく全てに押し寄せます。

そんなことを考えていると、結構夜も眠れずではありませんが、10年なんてあっという間。

しかも「ムーアの法則」に従えば今までの10年とは桁違いの進歩になるかもしれません。

そうなると、やはり考えなければならないのはお金のこと。

どんなに便利な製品や良いサービスが出てきても、恩恵にあずかるにはそれなりの費用がかかります。

年金時代をそこそこのゆとりをもって過ごしたいものです。

投資運用に年齢は関係ない。「NISA口座」は一生持っていよう。

最後はやはり、ここに行きつきます。働いて収入を得ることが難しくなった時、代わりに「お金を働かせる。」
それまでに蓄えた資産を運用する。

投資運用は年金世代こそ、必要。金融資産の一部は運用しながら使います。

 

運用しながら使うためにも、「NISA口座」は必須です。

NISA口座の開設や、ご案内は、zoomでも承ります。

 

 

お問い合わせ下さい。

https://www.hiragafp.com/toiawasesaki/