『70-20-10の法則』

米国の高校生がしているお金の勉強のテキスト

私のプレゼンの中で、毎回必ず出て来るフレーズがあります。

「確定拠出年金」を始めるにあたっても、ライフプランセミナーでも、この話は欠かせません。

 米国でよく使われるお金の管理法『70-20-10の法則』です。

『70-20-10の法則』に出会ったのは10年以上も前、専門学校ヒューマンアカデミーでファイナンシャルプランの授業を引き受けたときでした。

 テキストは、

 「高校生のためのファイナンシャルプランニングの基礎」米国の翻訳本です。

初めてテキストを手にしたときは、米国の高校生はこんなお金の勉強をしている。

驚きでした。

 

少なからぬ学生も、同様だったらしく、その後、ヒューマンの先生方や、父母の前でも請われて、エスプリだけの講話をしました。

「お金の勉強」と聞くと、

投資の話し? 経済の勉強? と思われがちですが、そこは第1章から7章まである項目の最後の章だけです。

ファイナンシャルプランニングを立てる意義、夢を実現する方法、支出と貯蓄計画、クレジットの罠、リスク管理、社会保障制度・・等々 投資や経済の話しの前に、まずは前提となるのは、生活全般に係ることです。

そして最後に「時間を味方につけましょう」で投資運用の話しです。

 

手にしたお金の使い方

『70-20-10の法則』とは、手にしたお金(可処分所得)の

70%は、支出、消費のために。

20%は、今後の大きな買い物のために貯蓄する。

10%は、投資運用する。

『70-20-10の法則』は、最もシンプルで簡単な誰にでもできる、失敗のない「お金の管理」法です。

 

手にしたお金は、最初に消費に回ります。生活費や、楽しみのためにも使います。

手にしたお金を、使わなければみんなが困った状態になります。

消費の役割の大きさを今回ほど痛感したことはありません。

でも、全部使ってはいけません。

 

パソコンや車、住宅購入などの大きな買い物のためには貯蓄をします。

もうひとつ、貯蓄とは別に、投資運用のお金も確保しなければなりません。

ここは将来収入を得ることが難しくなったときのための備え、長期戦です。

将来お金にあくせくしないために

必ずしも、

「70-20-10」でなくてもかまいません。

「90-5-5」でも良いのです。

無理をすると長続きしませんので、収入が増えたときに見直します。

肝心なのは「貯蓄」と「投資運用」2つのポジションを持つことです。

何より大切なのは『自分なりの法則』を決めて継続することです。

「貯蓄をしているのに貯まらない」人は、運用のためのポジションがないからです。

貯蓄は将来的には消費に回ります。

長期の資産形成のポジションを持たないと、一生お金に齷齪(あくせく)します。

 お金で苦労する人と、そうでない人の違いは「消費と貯蓄と投資」のお金の管理ができるか否かです。

「高校生のためのファイナンシャルプランニングの基礎」教科書では、

『成功者とは、出て行くお金の管理ができる人』とあります。

『70-20-10の法則』の収入の10%、長期の投資運用に最も相応しいのは「確定拠出年金」です。

まだの人は、今日が一番若い日です。ひと月でも多く加入者となるためにもすぐに始めて下さい。

将来お金にあくせくしないためです。