確定拠出年金は優れもの

公的年金資産残高はコロナ禍でも増えている

コロナの影響で公的年金は

2019年度(2019年4月~2020年3月末)8兆2831億円の赤字です。

新聞の見出しだけをみると、私の年金大丈夫と不安になりますが、

総資産約150兆円のうちの8兆円なので

全体に占める割合は約5%の下落ですので、大丈夫です。

https://www.gpif.go.jp/operation/the-latest-results.html

 

永遠に下がるはずはなく、上がったり下がったりの繰り返しですが、

公的年金の総資産は運用により確実に増えています。

 

残念なのは、上がったことはニュースにはならないようで、

下がったニュースの方が沢山報じられると、

どうしても印象は「下がっている、年金大丈夫かな」となります。

コロナ禍の中、もうひとつ増えているのは

日銀資金循環統計によると、丁度同じ時期3月には

預貯金残高が増え続け、1000兆円の大台に達した。

公的年金の総資産約150兆円に対し、

預貯金残高は1000兆円!ですよ。

 

預貯金の方が安心、と投資信託などのリスク資産から

銀行預金にお金が移ったことが読み取れます。

「企業型確定拠出年金」のポートフォリでみても、 50%以上が預貯金と保険で、

株式型ファンドは国内 株式型、外国株式型を合わせても、わずか 22%です。

 

「確定拠出年金」は、

自分が働いて収入を得ることが難しくなったときのためのもの、

公的年金の補完としての積立てです。

 

長く積立てるお金の預け先が0.01%位の利息しか付かないところで本当に良いのでしょうか。

 

 

公的年金のポートフォリオ

元本確保型以外の預け先は、1年後、増えていると喜んだのもつかの間2年目は大きなマイナスに、10年経って、100万円増え嬉しいと思っても、次の瞬間増加額は50万円になることも。上がったり、下がったりの繰り返しです。

 

でも、公的年金の運用先は何故、預貯金ではないのでしょう。

 「公的年金」も「確定拠出年金」も今すぐ儲けるためのものではありません。

60歳、65歳と息の長い積立てなので、途中は上がろうが下ろうが気に留める必要はありません。

 ゴールのときにきちんと増えていれば良いのです。

それまでの間は、ひたすら投資運用の勉強の期間と思って下さい。

 

投資成功のカギは、2つです。

 ひとつは、如何にマイナスの顔を多く見るかです。

スポーツでもなんでも、何度も負けたり失敗しながらも、

絶え間なく続けているからこそ上達し、出来るようになるのですよね。

負けを知ること、負けから学ぶことは少なくありません。

 

運用においてマイナスは悪いことでも、失敗でもなく通過点、過程です。

 マイナスの期間、積立を継続することが後々大きなプラスをもたらします。

 

確定拠出年金は結果が出る仕組み

「確定拠出年金」は積立ですので、機会を狙った投機的な売買は出来ませんし、ギャンブル性の高い運用商品も含まれていません。60歳までは、ただただ積み立てを継続するだけです。

 

私が今まで見てきた限りでは、積立期間15年以上であれば、元本確保型以外の、どんな投資信託を選んだとしても全て、定期預金以上のプラスの結果となっていました。

 

ただし、ゴール(60歳または65歳)5年前くらい前からは、今まで増えた分が減らないように徐々に、株式主体のポートフォリオから、国内債券や定期預金に運用商品を移して行きます。

 

あるいは、積立期間が15年以下で、結果が思わしくないのであれば、60歳(65歳)時点受け取るのではなく、積立を継続することも、受け取る時期を少し延ばすことも出来ます。

 

20225月からは「個人型iDeCo」は65歳まで、「企業型DC」は70歳まで加入を継続することが出来るようになります。

※現状65歳で、70歳とするときは規約の変更が必要です。

 

投資成功の2つ目のカギは、

 なるべく、出来る限り長く積み立てを継続することです。