お金をすぐに渡せないところに置いておく

 

「また掛かってきたわよ。

今度は、あなたの名前を言って。」

「うちの子とは、さっき話したばかりです。

あなたは誰なの?」って言ったら、すぐにガチャンよ。

 87歳で一人暮らしの義母の元には時折、

息子と称する輩から、電話が掛かってきます。

 

 

 特殊詐欺被害、相変わらず多いですね。

 “母さん、今高速で事故ったんだ、・・・それで助けて。”

「うちの○○はそんな所には行きません。あなたは誰なの。」 

ガチャン。

 “母さん、オレだけんど(甲州弁で)実は・・・”

「それが、どうしたの? 母さんは助けてやれませんよ。」

ガチャン。

 

 最初は怖がり、気味が悪いと言っていた義母も、

最近では慣れっこで、 むしろ楽しんいる様子?

「この辺は未亡人村で、みんな電話掛かってきてますよ。」

「騙されちゃう人もいるのかね・・・。」

 ニュースで、

“特殊詐欺被害額、昨年1年間で、過去最高の559億円”と、

聞いても、全く現実味がありません。

“確かこの前の「イスラム国」からの人質の身代金が、200億円だったから・・・、

その倍以上”なんて、無理くり、559億円の大きさを測ろうとしてしまいます。

 

 警視庁ホームページによると、

特殊詐欺被害の中でも、いわゆる「オレオレ詐欺」が一番多く、

1000万円以上の被害だけでも86件あり、最高額はなんと2億円!。

 

 被害を水際で防ごうと、

様々な取り組みがされておりますが、減る気配がありません。

  なんで、騙されちゃうの?

 オレの声が分からないの?

 そんな大金、取られるなんて・・・

 

 家族が、後で悔しがっても始まりません。

人は、冷静になれば分かることでも、

状況によっては、誰でも騙されるのです。

 

では、騙されないためにはどうすればよいのか。

 

 方法は2つです。

 

 ひとつは、家族側の問題です。

 お金の話は、どんなに困っていても電話でなんかしないよ。

  一人で頑張ってるお袋にお金の無心なんてあり得ない。

  何かあったら、電話してね。

 

 騙される人(圧倒的に60代以上の善良な高齢者)ではありません。

“そんな大金、何処にあったんだよ。” と、

後悔したくなかったら、

常日頃、離れて暮らしている親、祖父母と、コミュニケーションしておくことです。

 

 2つ目は、お金をすぐに渡せないところに置いておく。

タンス預金はすぐ渡せますよね。

銀行の定期預金も窓口ですぐに解約でき、下ろせます。

 

 証券会社に置いておく、お金はすぐに現金化できません。

株式や投資信託は売却から手元に受け取るまで最低4営業日かかります。

MMFは売却の翌営業日にMRFに入り、それから引き出しです。

 

 お金をすぐに渡せないところに置いておけば、冷静になる時間ができます。

MMFを解約するよ。銀行に振り込まれるのは来週だよ。”

“株を売るよ。売れたらお前の携帯にこちらから連絡するからね。”

 

 日本人の家計のお金は大半が銀行にあり、次いで多いのが生命保険会社です。

 

 証券会社の利用は圧倒的に少なく、一部の人に限られているのが現状のようです。

証券会社はよく分からない、危なっかしいモノを売っている所で、

追いやってしまうのは、残念ですし、もったいない限りです。

 

 そうは言うものの、

すわ、株式を買いましょうでは、

車の免許を取り、いきなり高速を走るようなもの。

 

 証券会社はMRFMMFのような、

確定利回り商品だけの利用も十分可能です。

 

 特殊詐欺被害予防のためにも、まずは、

お金をすぐに下ろせない金融機関、

証券会社に口座を開き、MMFに移してみるのも手です。