世界一簡単なお金の管理法

米国でよく使われるお金の管理法です。

手にしたお金(可処分所得)のうち 70%は支出、消費に回していいよ。

でも、20%は今後の大きな買い物のために貯蓄する。

10%は将来のための資産作り、運用のポジション。 

誰にでもできる、最もシンプルでやさしい「お金の管理」法です。

 

でも、家賃を払ったら半分も残らない。30%も貯蓄や投資に回せないよ。

必ずしも、「70-20-10」でなくてもかまいません。無理をすると長続きしませんので、「90-5-5」でも良いのです。その代り収入が増えたときに見直して下さい。

大切なのは『自分なりの法則』を決めて継続することです。

 

「貯蓄が出来ない」人は、金額にこだわっているのではありませんか。毎月500円の貯金は、フリーターさんでも、アルバイターさんでも可能ですよね。

「貯蓄をしているのに貯まらない」人は、10%の運用のためのポジションがないからです。

20%のポジションは、将来的には消費に回ります。10%のポジションは自分で働いて収入を得ることが難しくなったときのための長期の積立運用です。

 

「70-20-10」の法則(勿論自分に合った法則でよいのです)を継続していくと、やがてはお金に煩うことがなくなります。収入の多い人が、お金に苦労せず、お金持ちになるわけではありません。誰でも、その人なりに必要とするだけのお金を手にすることは可能です。

 

お金で苦労する人と、そうでない人の違いは、いかに「消費と貯蓄と投資」にバランスよくお金を振り分け、管理が出来るか否かだけです。


こんな方は、ご相談下さい

□家計管理が出来ていないと思う

□共稼ぎでお金は夫婦それぞれで管理している

□貯蓄のしかた、お金の預け先が分からない

□将来が不安、何処にどう預ければいいの

□我が家は、いったいいくらあればいいの

□家計管理も、貯蓄も、保険も、投資もみんなまとめてみて欲し

メモ: * は入力必須項目です