iDeco(イデコ)って、なんのこと?

「個人型確定拠出年金」って聞いたけど、

フリーランスの僕でも始められるの?

 自分の年金を自分で積み立てて行くんだ。

今まで加入できなかった、公務員と第3号被保険者(専業主婦)も誰でも加入できるようになった。僕は会社が掛け金を拠出してくれる「企業型」君の場合は個人型で、掛金は銀行口座引き落としになる。       

 

「iDeCo個人型確定拠出年金」と、

生命保険の「個人年金」どう違うの?

 

 iDeCoは「確定拠出年金法」に基づいた国制度のだよ。

だから、税金の優遇が大きいんだ。

 

 「個人年金」の生命保険料控除は最大でも年4万円だけど、iDeCoは、

1.毎月の掛け金が全額非課税になる

2.掛け金を積み立てている間の利益にも税金が掛からない

3.受け取る時も税制優遇

「個人年金」より、はるかにメリットは大きいよ。

 

 年間掛け金24万円は所得が無かったものとみなす(全額所得控除)。

年収500万円なら所得税10%・住民税10%で合計税率は20%。24万円の20%、毎年4万8千円は払わなくて済む税金だよ。

毎年4万8千円節税できる制度なんて、他にある?

 別な見方をするとどんなに運用が悪くても、毎年4万8千円の利息が付くのと同じだろう。 「確定拠出年金」は老後資金作りの最強のツールだよ。

 税控除を受けるためには君の場合は「確定申告」で、僕は「年末調整」。どちらの用紙にも「確定拠出年金掛け金」とは書いてないんだ。

「確定申告」用紙は『小規模企業共済等掛金』に、「年末調整」用紙は『個人型又は企業型年金加入者掛金』欄に記入する。

 

 

 毎年節税出来るのはいいね。

積立期間中の非課税効果はどの位になるのかな・・・

 

「個人型確定拠出年金 iDeCo」に一部の会社員や専業主婦の掛金上限23,000円に加入した時の例では 

 銀行預金のAさんは、ほとんど増えていない。

Bさんは30年で1,656,000円払わなくても済む税金分だけ多い。

同じ定期預金でも「確定拠出年金」で積立てるとこんなに違う。

老後のために積立てするなら断然「iDeCo」だね。

 Aさんは定期預金だから、利息の20%は税金で引かれる。

Bさんは、所得税・住民税の非課税効果と、積立期間の利息や運用益に税金がかからないから、非課税効果が益々大きくなる

 

 ただし、非課税分は戻って来るだけで再投資にはならないから、毎年戻った分をどうするかだね。僕は「NISA]の積立てに充てているよ。

 

 

 でも、「確定拠出年金」は本来長期の運用なんだ。

も60歳迄30年あるから、定期預金だけの積み立てではもったいないし、増えないよ。

 

 Cさんのように「投資信託」で運用するってこと

怖くないの?

  「投資信託」は定期預金のように元本確保じゃないよ。

でも長い間には定期預金では得ることのできない収益になる。

「ドルコスト平均法」って聞いたことある。

毎月同じ金額で同じ「投資信託」に積み立てをしていくと、値段が高いときは少なく、下がった時は多く買えるんだ。

 

 

なるほど。。。

下がったときはiDeCoリンゴがたくさん買えてる。

と言うことは、下がれば嬉しい! 怖くないネ。

 

 「 確定拠出年金」の積立は60歳までのロングランだからね。

最初の頃は収益率の高い株式やリートでいい。ゴールの60歳に近づくにつれて、だんだん債券の比率を多くして安定運用にしておけば、60歳前に大きな変動があっても大丈夫だよ。

 

 

 僕は、国内外の株と債券を組み合わせた「ターゲットイヤー型バランス投信」にしているよ。60歳に向かって自動的に安定運用にシフトする投資信託なんだ。 それこそほったらかしでいい。   

 

 

 受け取りはまだずっと先だけれど、

受け取り時税制優遇って、どういうこと?

 

 60歳以降で「確定拠出年金」を受け取るときは、

一時金で受け取るか年金で受け取るか選べるんだ。

  一時金で受け取るときは「退職所得控除」が使える。

積立期間20年までは1年につき40万円×積立期間に、税金がかからない。20年以上は800万円+70万円×(積立期間ー20年)の計算。

 

僕の場合は、積立期間が30年だから、一時金受け取りでは

40万円×20年+70万円×10年で1,500円までは税金が掛からない!

  その通り

君は今のところフリーランスだから「確定拠出年金」の加入期間が積立期間になる。 ただし、今後退職金のある会社に就職すると、退職所得控除は確定拠出年金の積立金と退職金の合算で計算するんだ。

 

「年金受取」のときは、他の年金と合算になるけれど「公的年金控除」の対象。

65歳未満では年間受取額70万円まで、65歳以上は120万円までは非課税だよ。

 

 

 僕たちは、60歳で年金貰えないよね。

65歳までの5年間の繋ぎ年金にしてもいいね。

 そう「確定拠出年金」は自在性があるんだ。

君のようにフリーランスで働く人は退職金にしてもいいよ。 

 でも、毎月払っていくの大変かも。。。

60歳まで下ろせないんだろう。

途中で払えなくなったらどうなるの?

 

 60歳まで下ろせないから確実に貯まる。

掛け金の変更は年1回できるけれど、原則止めることはできない。

口座に残高がないと、払えなかった月は休みってことだよ。

払えないままだと、今までの積立分が60歳まで運用されるだけ。  

       

 

今はフリーランスだけど、就職したらどうなるの?

 就職先の会社に「確定拠出年金」制度があれば、「企業型」に持っていける。ただし運営管理機関が違っていたら、新たにファンドを選び直さないとね。会社に「確定拠出年金」制度がなければ、今まで通り個人型で積立できるよ。  

 

友人が結婚退職して専業主婦になるんだ。

「確定拠出年金」積立金がギリギリのところで50万円を超えたって言ってた。どういうこと?

 

 退職時の積立金が50万円以上あると、一時金で受け取ることができないんだ。何も手続きをしないままだと、国民年金基金連合会に自動移換され、管理手数料が引かれ続けるるから、積立金が減るだけだよ。

必ず、どこかの運営管理機関を選んで移管手続きをする。 

 

 2017年から第3号被保険者の主婦も積み立てができるようになったんだ。今まで積立ができず「運用指図者」のままだった主婦の人も、毎月5,000円~23,000円の範囲で積み立てができるようになったのだから、継続すべきだね。     

 そのままにしておくと損するだけかぁ。。

運営管理機関って?

「確定拠出年金」の取扱窓口のこと?

 「確定拠出年金」の運営管理機関は、銀行や証券会社、保険会社等の金融機関のこと。 何処を選ぶかは重要だよ。

加入時や、毎年かかる手数料、それに運用商品の品揃えも違うんだ。

手数料は運営管理機関ごとに随分違うよ。

コストの差は長い間には大きいので、何処を選ぶかで来の結果は違ってくる。

運営管理機関は慎重に選んでね!   

  

 気をつけたいのは「確定拠出年金」の積立金は、最初はデフォルトって言って、全額定期預金なんかの確定利回りの所に入ってくる。そのままにしておくと、今の定期預金の金利では手数料の方がはるかに大きいから、積立金は増えるどころか減っていく。デフォルトのままだと運用にはならないから、必ず自分なりのポートフォリオに預け替えしなければね。

 

            

 

 君のおかげで「確定拠出年金」ずいぶん分かったよ。

早速、始めてみるよ。運用も勉強だね!

まずは運営管理機関選びからだ。

 運営管理機関は、手数料がゼロのところがいいよ。

運用も難しいことはないよ。僕のように「バランス型投信」なら5,000円で、世界中の株や債券、リートに分散して積み立てできるんだ

これって凄いだろう。

  

「確定拠出年金」の税制優遇の裏には、公的年金制度はこのままじゃないよ。これからは自助努力だよって言うメッセージがあるんだ。

 始めてしまえば、あとは楽しみが一つ増えるだけさ。


☑「確定拠出年金」始めたい!   

☑会社で加入しているが、ポートフォリオこれでいいの?

退職に伴う「個人型」移行について知りたい!                 

☑コストの安い運営管理機関に移したい                            

☑「確定拠出年金」に加入していたはず                                                               

どんなことでも、ご相談下さい

ご相談料は1回60分5,000円です。                 

「個人型・確定拠出年金」のご相談は下記フォームからお越しください。

メモ: * は入力必須項目です